テーマ:ダンス

[ダンス]2019年ジャーマンオープンの結果(第5日目)

WDSFシニアⅠオープンラテン 35位 西田祐介組 出場組数 62組 WDSFシニアⅡオープンラテン 5位 清水淳組 出場組数 43組 GOCユース10ダンス 36位 五月女光政組 出場組数 80組 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年ジャーマンオープンの結果(第4日目)

WDSFPDマスタークラスⅡオープンスタンダード  2位 秋谷孝宏組  6位 兄後幸大組 17位 藤見昭次組 出場組数 17組 GOCプロライジングスタンダード  3位 石原正幸組 22位 山嵜圭太組 24位 喜多田芳紀組 27位 壷内康文組 28位 兄後幸大組 28位 見元克至組 31位 長島 悟組 出場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年ジャーマンオープンの結果(第3日目)その2

GOC Adult A スタンダード 3次予選(Top51) 43位 棚橋健組 2次予選(Top72)59位 海老原竜太組 出場組数 92組 WDSFシニアⅣ オープンスタンダード 決勝 6位 岡田明義組 WDSFPD スーパーグランプリスタンダード 準決勝  12位 オレクシー組 準々決勝 16位 石原正幸組 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年ジャーマンオープンの結果(第3日目)

WDSFPDマスタークラスⅠオープンスタンダード 決勝 2位 山嵜圭太組 5位 秋谷孝宏組 準決勝 10位 見元克至組 11位 長島 悟組 準々決勝 13位 兄後幸大組 18位 藤見正二組 出場組数18組 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年ジャーマンオープンの結果(第1日目)

WDSFユースオープンスタンダード 32位(3次予選) 五月女光政組 出場組数137組 WDSFPDオープングランプリラテン 22位(準々決勝)久保田弓椰組 出場組数36組 尚、タイのカップルが久保田組のうえを行く19位に入賞している。 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]村主章枝の踊り

 昨日の金スマで、ロペス/村主組の踊りを放送していた。5月に開催されたGP熊本の結果は、既にアップしていたが、6位となった踊りを見るのは昨日のTV放映が初めて。  踊りを始めて4ヶ月であのレベルに達するのは凄い、というのがTVの流れであり、ネットでもそのような記事が多いとの印象だ。  確かに4ヶ月での踊りとしてはレベルガ高い。但…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]新 藤井組がドイツの競技会に出場

  5月にウクライナ出身のダリア・マリネスクと新カップルを結成した藤井創太。スロベニアを拠点に活動を再開し、7月5日〜7日ドイツヴュパータルで開催された競技会に出場した。  結果は、ライジングラテンとU21ラテンで優勝、本戦ラテンでは14位と上々の成績を収めた。  出場組数は、ライジング63組、U21 29…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年JBDF東部 東部日本選手権の結果

 7月14日に開催された表記競技会の結果は以下の通り。2018年の結果と合わせて表にした。 ボールルーム ラテン ボールルームは、廣島組がオール1位で初優勝。2位の小林組と3位の若代組は僅差の闘い。景山組も初のファイナル入り。 ラテンは、野村組が昨年の3位からのランクアップで初優勝。野村組がチャチャ、ルンバ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]JPの競技会状況

 3か月ほど前に、今年度よりDSCJからの離脱を余儀なくされた、JPBDA主催競技会についてアップした。  6月23日に開催された競技会を見ると、状況はさらに悪化しているようだ。  この日の競技会は、スタンダード種目のみ。NJDCとの共催で開催されている。  この表を見ると分かる通り、JPサイドの競技会の出場組数は合計20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年JBDF九州インターの結果

 6月16日に開催された表記競技会の結果は以下の通り。  他の地方インターの結果と合わせて表にした。  エントリーしていた廣島組、若代組は欠場。景山組は、1チェック足りずに準決勝止まりだった。 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]英国の凋落

 日ごろ、日本ダンス界の地位低下を嘆くブログばかりアップしていたが、横よく調べてみると、社交ダンス発祥の国、英国の凋落も甚だしい。  今年の全英ボールルームのチャンピオンは、アノドレア・ジジャレッリ組で、英国代表となっているが、出身はイタリアだ。今年の全英では、ボールルーム・ラテンとも英国出身ダンサーはセミファイナル以上に入賞して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年大阪インターの結果

 表記競技会の結果は以下の通り。これまでの地方インターの結果と合わせて表にした。  野村組は連戦疲れのせいか、準決勝止まり。瀬底組も準決勝。須藤組はエントリーしたが欠場した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]チャンピオンの踊り(ラテン編)

 ラテンについても歴代の全英チャンピオンと日本チャンピオンを表にしてみた。  この表を見ると、1973年から全英チャンピオンは13名、日本チャンピオンは18名誕生している。この数字はあくまでもリーダー/男性の数である。というのも、全英選手権の場合、サミー・ストップフォードは、まずシャーリー・ストップフォードとのカップルで全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年JBDF中部 名古屋インターの結果

(プロボールルーム) 1位 ビクター・ファン組 2位 廣島悠仁組 3位 小林恒路組 4位 清水大地組 5位 本多龍士組 6位 富井悠太組 4~6位は、僅差の闘い。 (プロラテン) 1位 ドリン・フレカウタヌ組 2位 ジャーク・ヴァイノマア組 3位 野村直人組 4位 高野大樹組 5位 須藤達矢組 6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]チャンピオンダンサーの踊り(スタンダード編)

筆者がダンスを始めたのは、1973年。その年から現在までの、全英チャンピオンと日本チャンピオンの推移を表にすると、以下のようになる。  世界チャンピオンは、リチャード・グリーブからアルーナス・ビゾーカスまで12組が誕生している。日本チャンピオンは13組。  私がダンスを始めた時のチャンピオンは、グリーブだった。しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年日本インターが終わって

全英選手権と日本インターが終わった。この結果を受けての日本のトップ選手のランキングにどのような変化があっただろうか。 (ボールルーム)  橋本組と浅村組を別にすると、ライジング4次予選、本線の3次予選に進出したのは、森脇組、中嶋組、福田組、小林組、廣島組の5組だ。森脇組はインター不出場。インター決勝に残ったのは、福田組、小林組、廣島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年日本インターの結果

 6月8~9日に開催された結果は以下の通り。  昨年の結果と合わせて表にした。  アマでは、八谷組がスタンダード、ラテン共連覇を達成。  プロラテンでは、日本人の最高成績がなんと増田組の6位。  プロスタンダードでは、廣島組g が4位に躍進。福田組も6位にランクアップ。 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]停滞期の競技ダンス界

 今年の全英選手権が終わった。2010年に全英チャンピオンに就いたビゾーカス組が引退し、ナンバー2のビクター組も欠場し、アンドレア組が新チャンピオンに就いた。  しかし、ここ10年新しいスターが出てきていない。  状況としては、マーカスヒルトンが1998年に引退し、バリッキ組がチャンピオンとなり、スキアボ組、ホーキンス組、ホーソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年全英選手権の結果(プロボールルーム)

(プロボールルーム) 1位 アンドレア・ジジャレッリ組 英国 2位 ドーメン・クラペッツ組 ドイツ 3位 ヴァレリオ・コラントーリ組 イタリア 4位 アレクサンドラ・ジラトコフ組 ロシア 5位 スタニスラフ・ゼリアニン ロシア 6位 セルジュ・ルス組 ポーランド エントリーしていたビクター組が欠場したため、ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年全英選手権の結果(プロラテン)

(プロラテン) 1位 リカルド・コッキ組 USA 2位 ステファノ・ディ・フィリッポ組 USA 3位 トロエルス・ベージャー組 デンマーク 4位 ドリン・フレカウタヌ組 モルドバ 5位 キリル・ベロルコフ組 ロシア 6位 ニノ・ランジェラ組 イタリア ベージャー組は、昨年の4位からランクアップ。 4位と5位は僅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年全英選手権の結果(アマオーバー50ラテン)

 全英選手権アマラテンオーバー50のカテゴリーで、日本の武田澄人組がファイナル3位に入賞した。  同組は、WDSF系の競技会に主として参戦してきて、全英選手権への出場は今回が初めて。  しかし、決勝に入ってくるのはオーバー50のカテゴリーばかり。プロ/アマとも現役選手の活躍を期待したいものだ。 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年全英選手権の結果(アマラテン/ボールルーム)

 日本人選手の結果のみ記す。 (アマラテン)     出場組数314組 3次予選(Top136) 八谷和樹組 2次予選(Top216) 鈴木奨太組   押川 慧悟組 1次予選(Top314) 村瀬賢一組   松尾  樹組 (アマボールルーム) 出場組数159組 2次予選(Top120)  孫 祖博…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[金スマ]ロペス/村主組がGP熊本で6位入賞。

 WDSF世界選手権への出場権をかけたGPシリーズ熊本のシニアⅠ選手権で、ロペス/村主組の成績は6位だった。さすがに、ダンス歴がないスポーツ選手とのカップリングでは、優勝に手が届かなかった。  リーダーの実力では圧倒的にナンバーワンであろうが、ダンスは1人ではできない。パートナーとの総合力で勝負するもの。  さすがに、今年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年全英選手権の結果(プロライジングボールルーム)

 日本人カップルの結果を記す。 4次予選(Top50) 福田裕一組 中嶋秀樹組 小林恒路組 森脇健司組 廣島悠仁組 昨年の結果と比較すると、Top48レベルに進出したのは、同じ5組。 森脇組、小林組は、昨年と同じ結果だ。福田組、中嶋組、廣島組はランクアップ。 昨年進出していた、臼井組は不出場。三浦組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年JBDF東部プロスタンダードC級戦の結果

 5月26日に開催された表記競技会の結果は以下の通り。 1位 姜 程程 組 2位 嶋 秀憲 組 3位 野地雅人組 4位 古川利幸組 5位 金本龍源組 6位 三浦捷人組  優勝した、姜程程は、中央大学出身。今年、大学を卒業して、ターンプロ。5月5日のD級戦がデビュー戦で、見事に優勝。即日C級に昇格し、今回のC級戦でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年全英選手権の結果(アマライジング)

 表記競技会の結果は以下の通り。日本人カップルの結果のみ記す。 (アマライジング・ボールルーム) 出場組数 163組 2次予選(Top121)  日比野湧組 1次予選(Top163)  遠藤健悟組 (アマライジング・ラテン) 出場組数 364組 3次予選(Top151)  鈴木奨太組 2次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]アルーナス・ビゾーカス組が引退

 全英選手権のチームマッチ終了後、アルーナス・ビゾーカス/カチューシャ・デミトバ組が引退を表明した。  従って、今年の全英プローボールルームには出場しない。  カップルを結成して12年、チャンピオンの座を守って引退することとなった。 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年全英選手権の結果(アマオーバー50)

 全英選手権アマオーバー50のカテゴリーで、日本の松村健樹組が、ファイナル6位に入賞した。  これで決勝入りは3年連続。順位は、2位、4位、6位と少しづつ下がってきているが、全英選手権の日本人カップルの中では、唯一世界に通用しているカップルの健闘に心から敬意を表したい。  おめでとうございます!! にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more