テーマ:コーヒー

[コーヒー]コーヒーの濃さ

 軽井沢でワイン会をやった翌日。参加した女性を呼んで、コーヒーとシフォンケーキを味わっていただくことになった。  コーヒーは、エクアドルのアンデスマウンテンを用意した。香り豊かで、マイルドな味わいの豆を意識して用意したつもりであったが、感想としては殆どの方に、苦くて濃い目との評価をいただいた。  そこで、濃い目に淹れたものに小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[横浜]カフェ巡り 大倉山

 コーヒーは定番の深煎りブレンドと、毎週変わるスペシャルティコーヒーの2種類のラインナップ。今日は、エチオピアの浅煎りコーヒー豆との事だったので、これを注文。奥沢のカフェ、オニバスコーヒーにコーヒー豆を注文しているとのこと。以前オニバスの近くのITTAコーヒーというお店に行ったことがあるが、オニバスは渋谷や中目黒に4店舗を展開する最近人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[中軽井沢]レイコーヒー

 コーヒーが飲めるお店の中で、軽井沢/追分/御代田などの地域で、個人的にはナンバーワンと思っているお店だ。  いつも5種類ほどのスペシャルティコーヒーを用意していて、マスター自らの焙煎で供される。メニューは、フレンチローストからフルシティ、シティ、ハイと重めの焙煎から軽めの焙煎へのラインナップ。  定番のリントン・マンデリンは一般的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[横浜]カフェ巡り 鶴見編

今回は 鶴見区にあるカフェだ。  、コーヒーはブラジル。ケーキはオレンジパウンドケーキ。  、コーヒーはビターブレンド。ケーキは、チーズケーキ。  コーヒーは、苦味を感じるが、、軽やかさと薄さを感じる境目ぐらいの濃さなので、コクがない。余韻が短い。 温度が下がるにつれてコーヒーの味わいが変…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[コーヒー]サイフォンでの抽出

 パンチーニのランチは200円出すとコーヒーがつく。但しこの値段で飲むくらいなら、自分で淹れたほうがましなコーヒーが飲めるだろうと思い、自宅に帰った。  三重でのカフェ巡りの時の珈琲店に触発されて、久しぶりにサイフォンでコーヒーを淹れることにした。  使用した豆は、ガテマラ産ウエウエテナンゴのパカマラ種エスペランサ農園のもの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[三重]カフェ巡り

四日市諏訪栄町珈琲店 用事があって四日市に行くことがある。今回は、時間が出来て、街中を散策して見つけたお店だ。一階には、焙煎機が置いてある焙煎所になっている。サイフォンで淹れるのを売りにしているお店だ。 ただし、メニューを見るとスペシャルティコーヒーは、1種類のみ。ホンジュラスのサンタロサ農園だった。その他は、モカ、キリマンジャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[元町]ミカフェートのコーヒーとタルト

 コーヒーハンター川島良彰が展開するブランド、ミカフェート。焙煎したコーヒー豆をワインボトルのようなボトルに入れて売ったり、出店している場所が元麻布や表参道だったりで、派手さが前面に出ていてあまり好きになれなかったが、今日はその元町店にお邪魔した。ここの売りは、川島良彰が買い付けた豆で淹れるコーヒーに、京都の菓道家津田陽子の作るタルトを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[菊名]ポラーノ書林のコーヒー(その2)

 昨年の秋に伺って以来2度目の訪問。  今後はいるかどうかわからない、イエメン産の豆があったが、1杯1,000円ということで断念。コスタリカ、エチオピアナチュラル、マンダリン、など数種類の豆があったが、妻はエルサルバドル、私はグアテマラの豆を選択した。  コーヒーも人を表すというか、オーナーさんの上品な人柄が抽出されるコーヒーに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]コーヒーの人

 コーヒーに関する本というと、大体は豆の産地別特徴や抽出方法など、コーヒーそのものに関するものが殆どだ。  この本は、コーヒーに携わる人へのロングインタビューをまとめたもので、その人たちのコーヒーに関する思いが記されている。  中でも白眉は、38年間にわたって表参道で大坊珈琲店を運営された、大坊勝次氏のところだろう。2013年に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]トランクコーヒーバー 名古屋

名古屋に行く用事があって、時間が少し空いたので、コーヒーでも飲もうかと探したのがこのお店。 地下鉄桜通線高岳(たかおか)駅近くにある。 ここは、スペシャルティコーヒーの専門店で、産地も精製方法もさまざまな豆を常時10種類ほど揃えている。 頼んだコーヒーは、ルワンダのニアカブイエ ウォッシュド。 軽めのア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[中軽井沢]ミカドコーヒー

 ミカドコーヒーというと、旧軽銀座の入り口にあるお店でモカソフトをいただくのが定番となっている。しかし、基本はコーヒー店だ。これまで殆どここのコーヒーを味わったことがなかったので、中軽井沢のスーパーツルヤに出店しているお店に行った。スペシャルティコーヒーを週替わりで出してくれる。この日のコーヒーは、、マンダリン ハルムというインドネシア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[中軽井沢]軽井沢焙煎所

 中軽井沢のパン屋さん、銀亭の後にできたレジェンシックの更に後に出来た、コーヒー豆の焙煎屋さんだ。  本店はスカイツリーの近くの東向島にあり、この地に2号店をオープンしたということになる。  スタッフは全員女性で、東京勤務の方が昨年度SCAJ主催の全日本ハンドドリップ選手権で優勝を飾ったとのことだ。この焙煎所をオープンさせた店主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]コーヒーと健康

 昨年末、カフェイン中毒での死亡事故が発生したが、一昨日産経新聞にはコーヒーと健康に関する記事が載せられていた。何事も、過ぎたるは猶及ばざるが如し、ということなのだろうが、コーヒーと健康に関することを調べてみた。  産経新聞によると、ハーバード大学の研究Gが医療従事者20万人を対象に、1日にコーヒーを飲む量で、20~30年後の死亡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]コーヒー豆の保存方法(その2)

 2週間ほど前に、コーヒー豆をワインセラーで保存すると新鮮度が保たれるのではないか、との提案をした。  14℃の条件で、10日間ほど保存したもので確認してみた。  この写真に示す通り、お湯を注いで十分に膨らむ。膨らみ方には全然問題ない。  ここのところ、急に気温が低くなり、部屋の中での保管とはいえ、温度変化させずに保存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]ベートーベンのコーヒー

 御茶ノ水女子大学名誉教授:藤原正彦、数学者というより、山岳小説家として著名な、新田次郎の子息と言ったほうがわかりやすいかもしれない。  この藤原正彦が、某週刊誌に「ベートーベンのコーヒー」というエッセイを載せている。曰く、  ベートーベンはコーヒー好きで、毎日コーヒーを飲んでいたが、淹れるときはいつも豆の数を勘定して、一杯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]コーヒー豆の保存方法

 ビーンズショップのスタッフさんと、コーヒー豆をどのように保存するのが一番良い方法なのかを議論した。  コーヒー豆は、焙煎したとたんに炭酸ガスを発生して劣化していく。また、活性炭などと同じように、吸湿性と臭いを吸着する能力を持っているので、適切な保存方法をとらないと、豆がしけってしまったり、周囲の雰囲気中に含まれるにおい成分を吸着して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[菊名]ポラーノ書林のコーヒー

 奥沢駅前でカレーをいただいた後、コーヒー店を探したが、これというような気に入ったお店がない。  少し前に、知人から教えていただいたお店を思い出したので、そこに行くことにした。  東横線菊名駅前にある、ポラーノ書林。ここは長く続く本屋さんだが、最近コーヒーが飲めるようになったとの情報を教えてもらっていた。行ってみると、入口の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[軽井沢]来美の朝食

 前日は、22時過ぎまで続いたワイン会。  次の日も引き続き、来美さんに伺って朝食をいただいた。私のオーダーはピザトースト。  妻のオーダーは、パンセット。  軽井沢は、どのお店に行っても新鮮な野菜をいただけるところが良い。  いつもはブレンドコーヒーだが、今回はオーナーさんがオーストラリアから持ってきたパナマ産の豆を、私が豆を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]コーヒーを淹れる

 家の近くに日曜日限定のカフェができたので、行ってきた。  コーヒーとレモンスカッシュだけのお店で、8時から14時という早い時間だけの営業だ。  3種類あるうちからプレミアムコーヒーをお願いした。銘柄は、インドネシアのマンデリンとのことだった。  うーん!出されたコーヒーは少しぬるくて、苦味・酸味は感じられるものの、厚みを感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[プリンス通り]ル・プティニ・トロワ

 軽井沢駅南口のプリンス通りを南に下り、18号バイパスを通り越してから少し先に進むと左側にあるお店だ。人気蕎麦店として有名な東間は、道の真反対の右側にある。  8時開店のお店で、少し前に着いたが開店前に車がどんどん乗りつけてくる、人気のお店だ。 サラダ、スープ、フワフワ玉子のサンドイッチ、パンケーキなどを注文。このお店のコーヒーは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]ブレンドコーヒー

 喫茶店に行くとメニューにあるのが「ブレンドコーヒー」だが、どうも好きになれない。お店によっては「オリジナルブレンド」とも名づけている。複数の珈琲豆をブレンドするからそう呼ぶのだろうが、それだけ見てもどんな味わいか想像もつかないからだ。  毎日同じお店に行って、同じコーヒーを飲む、そのお店のコーヒーの味に慣れていて、それがすきな味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]カフェ2店

 今回はカフェを2店紹介しよう。  中軽井沢、上ノ原にあるレイコーヒー。メニューを見てもらうとわかるように、こちらの知りたい情報がきちんと記載されている。  頼んだコーヒーは、フェスパ農園(ペルー、ブルボン、ウォッシュド、シティロースト)  ブルボン、ウォッシュド、シティであれば、すっきりしてクリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]ビーンズショップへのお願い

 色々な種類のコーヒー豆を買ってきて、その違いを飲み比べるのが好きだ。但し、ビーンズショップに行って銘柄を選ぶのに苦労する。コーヒー豆には、例えばグアテマラ産サンタカタリーナ農園など、生産国と農園名を記されているものが多い。説明書きにも、カカオ、チョコレートの風味、芳醇な香り、といったことが示されている。まあそうなんだろうが、それだけの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]コーヒーブーム

 今はコーヒーのサードウェーブが来ているという。  先日、TV東京の「ガイアの夜明け」でブルーボトルコーヒーの特集を放送していた。創業者のフリーマンは、コーヒー好きが高じて、アメリカ東海岸のシリコンバレーにコーヒーショップを開き、大成功を収めて、日本に上陸したとの事だった。  元々、日本のカフェ文化に影響を受けてこれを取り入れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[中軽井沢]レイコーヒーのドリップコーヒー

 ドリップコーヒーといえばここ。ドリップでの抽出方法の技術はピカイチだ。今のところ、ここ以上にうまい淹れ方をするコーヒー店を知らない。  私はタンザニア産のブラックバーン、妻はグアテマラ産のサンタカタリーナを注文。さすがに、完璧なお点前だ。しかし、豆は焙煎後少し時間が経っているような感じで香りも味も100%引き出されていないような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[東雲]カフェイーナのプレスコーヒー

 軽井沢で美味しいプレスコーヒーを出してくれるお店といったら、このお店。レトロな雰囲気の店構えが良い。但し、グランクリュやシングルヴィンヤードの銘柄を選ぶと、軽井沢プライスになる。こういった豆が、プレスに合うかどうかは難しいところだ。そこで、定番のブレンドを注文したが、香りといい味といい、豆の良さを引き出す淹れ方をしてくれている。プレス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[鎌倉]御成町の鎌倉珈琲香房

 鎌倉駅西口を出て市役所方向に向かい、御成小学校の道を六地蔵方面に300mほど歩いた右側にあるお店。  鎌倉珈琲香房という名のお店だ。10種類ほどのスペシャルティコーヒーを豆に応じて、シティローストからフレンチローストに焙煎してあり、注文に応じて豆を引いて淹れてくれる本格的なコーヒー店だ。  自家焙煎用のロースターが置いてある。話し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[大口]喫茶室 鹿鳴館

 カフェ不毛地帯と言われる、横浜線大口駅エリア。それでも何軒か素敵なお店が出てきたがまだまだ少ない。最近、いわゆる「純喫茶」のお店を見つけたのでお邪魔した。  その名も、喫茶室 鹿鳴館。大口駅西口を出て、大口通り商店街を目指し、大口通りの交差点を右に曲がり、また直ぐに右折した右側にある。駅からは徒歩5分程度と近い。  見たと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[追分]ささくらのもりそば

2月の末に行ったときは、雪で閉店だった追分のささくら。いつもはセットものを頼むが、今回はルピックでキッシュをいただいてからあまり時間がたっていなかったので、もりそばを頼んだ。  いつ行っても、お昼時は満席になる。追分地区も、道路は整備され、昔旅館だった油屋もギャラリー&カフェとしてリニューアルされたりして、観光客が訪問しや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]ウォータードリップ

 気温が上がってくると、飲みたくなるのがアイスコーヒー。いつもコーヒー豆を買っているお店で勧められたのが、このウォータードリッパーだ。40gの粉で400ccのコーヒーを作ることができる。抽出時間は2時間。水出しコーヒーというと、ダッチ式と言ってアンティークなガラス製の器具を使用して作るやり方があるが、水の量の調整など、難しそうだ。この器…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more