テーマ:ワイン

[軽井沢]ジーナでイタリアワイン

軽井沢駅北口にある、イタリアンジェラートのお店。このお店では、夕方グラスワインがいただけるとのことだったのでお邪魔した。 数種類のワインから、スパークリングワインをオーダー。生ハムやナッツなどのつまみは、無料だ。 これは、赤のドルチェット。夕食前に気軽に立ち寄れるお店だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレンド

 以前コーヒーのブレンドについて書いたことがあった。その時は、どんなコーヒー豆をどんな割合で混ぜているかどうかが分からないブレンドには興味がないと書いた。  最近は、自分で買ってきた豆をブレンドして楽しむようになった。品種や焙煎の違う豆をブレンドすると、味わいにバランスが取れてくる。その比率を変えると、味わいを変化させるのは自由自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[山梨]勝沼町巡り:ワイナリー編

 30数軒あるワイナリーで行くことのできたのは、シャトー勝沼、原茂ワイン、マルサン葡萄酒、 盛田甲州ワイナリー、蒼龍葡萄酒の5か所。この他シャトレーゼベルフォーレワイナリーにもお邪魔したが、残念ながら定休日だった。  どのワイナリーも基本は一緒のワイン造り。つまり、 ① 白は甲州、赤はマスカットベーリーAを使っていること。 ②…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小布施]サンクゼールのシャルドネ

 小布施の町を歩いていて見つけた、サンクゼールのショップ。サンクゼールはワイン以外にも様々な商品を作っている、長野県のメーカーだ。3種の白ワインを試飲させていただいて、選んだのがこのシャルドネ。フランスのワインコンクールで金賞を受賞したとの触れ込みだ。  香りを嗅ぐと、樽香がまず鼻に飛び込んでくる。スワリングして口に含むと、フレッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[軽井沢]来美で夕食

 今回の軽井沢旅行では、駅前の東急ハーベスト旧軽井沢を利用した。夕食は徒歩で行ける、来美さんにお願いした。  スターターは、チーズ、クラッカー、ナッツ類、オリーブの実など。  ミニサラダからスタート。 ワインは数種類からの選択ということで、北海道ワインの鶴沼さんゲベルツトラミネールを選んだ。アロマティックな香りと味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]ヴェルディッキオのスプマンテ

 ヴェルディッキオは、1ヶ月ほど前にも紹介したが、これはスプマンテ。イタリア、マルケ州のワイン。首都はアンコーナ。古くからワイン造りが行われている地域だ。  ヴェルディッキオ デイ カステルディ イェージ カサル ファルネト  外観は明るいイエロー 比較的粗めの泡が立つ。  香りは柑橘系ではなく、ピーチ系と石灰のようなミネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]アリゴテ

 本日紹介するワインは、  アリゴテ ヴィエイユ ヴィーニュ 2014年 エルヴェ ケルラン アルコール度数11.5% アリゴテ85% シャルドネ15% 減薬農法リエットレゾネにて栽培 ステンレスタンクで5か月熟成 ブルゴーニュの白というと、何といってもシャルドネだが、量は少ないがアリゴテの白も造られている。AOPに認定されているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]トカイ・セミドライ

 トカイと言えばハンガリーの甘口ワインが有名だ。  フランスのソーテルヌ、ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼと共に、世界3大貴腐ワインに数えられている。  貴腐ワインとは、ボトリネスシレニア菌(貴腐菌)がブドウ表面につき果皮に穴をあけ、そこから水分が蒸発して糖度を増したブドウを使用して作るワインだ。  上記の地域以外にも、世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]オレンジ色のワイン

 このワインの色を見てほしい。オレンジ色をしている。しかも、少し濁っている。ロゼというとピンク色なので、これはロゼとは言えない色をしている。  生産国:イタリア  生産地域:フリウリ・ヴェネツィアジュリア州カルソ  ブドウ品種:ヴィトヴスカ  ヴィンテージ:2009年  アルコール度数:12.1%  生産者:ジョルジオ・ニコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]ヴィーナ プンタスカラ ツェリエナック

 クロアチアのワイン。  外観は少しくすんだ赤みを帯びたルビー色。オレンジがかっているので、熟成が進んでいる。少し濁って見えるので、ビオっぽい雰囲気を持っている。  香りは、フランボワーズ、ミルティーユ、カシスのあたり。赤形果実の香りがする。それよりも樽熟成からくるスパイシーな香りのほうが強い。木の根のような香りがするので、除梗せず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]シャトーオーブリオン2014 プリムール

 1855年のパリ万博に際し、皇帝ナポレオンがメドックのワインの格付けを命じてできたのが、現在のメドックの格付である。1~5級まで合計61のAOPが格付けされている。この内1級については、1855年当時4つが指定されていたが、100年にわたる努力の結果、シャトームートンロートシルトが1973年に1級に昇格し、現在は、5つとなっている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]マルキ・ド・ラ・トゥール

 マルキ・ド・ラ・トゥール ロワール/ソーミュールのロゼワイン。  最近のロゼは、ピンク色というよりオレンジ色のものが人気になってきている。これもそんな1本。  カリニャン:40%、サンソー:30%、グルナッシュ:30%。メトドシャルマ方式で造られている。  NVではあるが、ボディの利いた味わいに仕上がっている。  グロゼイユや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]ヴェルディッキオ ディ カステッリイェージ クラシコ

 ヴェルディッキオ ディ カステッリイェージ クラシコ DOC ラグレステ 2015年 アルコール度数13%  イタリアマルケ州のワインだ。  マルケ州は、アペニン山脈の西側に位置し、アドリア海に面している。首都はアンコーナ。古くから交通の要衝として栄えた街だ。マルケ州のワイン生産量は、イタリアの中では第10位と真ん中ぐらい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]第4回ティスティングセミナー

 前回に続き、雨まじりの天気の中での開催となった。  今回の講師は、初めての女性。先ごろ行われたソムリエコンクールで4位となった気鋭の若手だ。  出されたワインはこの6本。左から、シャブリ、チリのソーヴィニオンブラン、スペインバスク地方のチコリ、フランスイルレギイのグロマンサン、赤はアメリカのピノノワールが2本。 今回は難し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]ジラフカ:ボスニア・ヘルツェゴビナのワイン

 ボスニア・ヘルツェゴビナは、バルカン半島に位置し、古くからのワイン産地だ。多民族が住む地域なので紛争が絶えない。歴史的には、ローマ帝国、オスマントルコ、オーストリア・ハンガリー帝国と支配者は変遷し、チトーがユーゴスラビアとしてこの地域を統合した時期は、政治的に安定していた。1980年チトー死後、ユーゴは分裂し、1995年ボスニア・ヘル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[中軽井沢]新緑の軽井沢:エファのランチ

 今回の軽井沢滞在のハイライトが、このお店にお邪魔すること。ランチ、ディナーともお任せで、メニューもないので、どんな料理が出てくるかもわからない。ただ、前回お邪魔した時は、どの料理もおいしくいただくことができたので、今回はどんな料理が出てくるか楽しみにしていた。  電車で中軽井沢に行ってお店まで歩いたのは、ワインを飲みながら食事をする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[軽井沢]軽井沢で開けたワイン

 夕食は、2日間外食せず別荘で楽しんだ。1日目は、借宿東に最近できた中華料理のキッチンシェンの盛り合わせ。2日目はBBQを楽しんだ。どちらも写真を撮るのを失念した。開けたワインは7本。 右から、トスカーナのアンティオリの白。スーパータスカン「ソライア」の生産者が作った白だ。トレッビアーノ、マルヴァジア、ピノ・ビアンコ、ピノ・グリ、リー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]ケスター・ヴォルフ ヴァイサーブルグンダー

 ヴァイサーブルグンダーは、ピノブランのドイツ名。名前から言って、ピノノワールの亜種だ。Qba トロッケン ヴィンテージは2015年。  外観はグリーンがかったライムイエロー。輝きのあるきれいな色をしている。柑橘系の香り。口に含むと、冷涼感を思わせる香りに対して、トロピカルな雰囲気がある。ただ、ドイツ産のブドウは完熟させることが難しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]第3回ティスティングセミナー

 大気の状態が不安定な中、運悪く土砂降りの時に出かけていくことになったセミナーだった。  出されたワインは、白2本と赤4本。  左から、チリ産のミュスカ、アマリカ/ソノマのシャルドネ、アメリカ/ナパ/ロスカーネロスのピノノワール、チリ産のメルロー61%、CS27%、マルベック:12%のブレンド品、アルゼンチン/パタゴニアのピノノワー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[平塚]メゾンドH&Mのランチ

 平日のランチタムにお邪魔したが、テーブルはほぼ満席で、残りの1つの席に何とか着くことができた。平塚の人気店と言っていいだろう。新鮮な地元野菜と、低温調理する肉料理が自慢のお店だ。焼き立て食べ放題のパン、前菜、メイン(魚or肉)、コーヒーor紅茶のAセット:1,600円。これにデザートをつけるBセット:1,800円。ビールやワインなどの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[ワイン]サルディーニアのヌラグス

 ドリアノーヴァ サンテス ヌラグス ヴェルメンティーノ 2015年 IGT アルコール度数13%  ヌラグスは、古代フェニキア人がイタリアにもたらしたとされ、その名は先史時代の円すい塔状の住宅「ヌラーギ」から出たと伝えられている。  色はがかったライムイエロー。グレープフルーツ、青リンゴなどの爽やかなフルーツの香りがする。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]イタリアワイン会

知人に集まってもらってのワイン会。イタリア産でやるのは初めてのことだ。  出したワインは、左からフランチャコルタ、ファランギーナ、プリミティーボ、バローロの4本。 フランチャコルタ  最近人気急上昇中のスパークリングワイン。シャンパーニュと同じような作り方をしている。瓶内2次発酵。使用するブドウは、シャルドネ、ピノビア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]ヴィーナ・プンタスカラ・プラヴァッツ・マリ

 プラヴァッツ・マリはクロアチアでグラシェヴィナに次いで栽培面積の多い品種だ。  このワインはアドリア海に面している、ダルマチア地方で造られている。  香り、味わいとも第二アロマが前面に出た仕上り。丁子、シナモン、ナツメグを感じる。フルーツでは干しプラム、乾燥イチジクの香り。  タンニンはしっかり。  フルボディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]ブルネッロ ディ モンタルチーノ

 ブルネッロ ディ モンタルチーノ アルバイル ボッロ アルコール度数15% DOCG 2008年  イタリアで一番の長熟クワイン。法定熟成期間は62ヶ月。つまり5年以上の熟成が義務付けられている。バローロが36ヶ月、バルバレスコが24ヶ月なのでその長さがわかる。  外観は明るいマホガニー。熟成感満点の色合いをしている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]プロセッコ

 アルテア クロエ トレヴィーゾ プロセッコ エクストラドライ DOC アルコール度数11%  イタリア産のスパークリングワインというと、アスティ、ランブルスコ、フランチャコルタなどが思い浮かぶが、このプロセッコもイタリアを代表するスパークリングだ。  かなりの辛口。泡立ちもしっかりしている。レモン、青りんご、ブレープフルーツ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]ソムリエ協会のティスティングセミナー第2回

 2回目ともなると、ハードルが高くなってくる。1回目は、シャルドネ、ピノノワール、メルローなどの定番品種が多かったが、今回は今まで味わったことのないものが多かった。  出されたワインは、写真左から白3本、赤3本。 1本目  薄めのライムイエローで粘性も弱い。クリスタルのような輝きもある。一見すると甲州のようだ。香りをかぐと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[軽井沢]軽井沢で開けたワイン

 今回の軽井沢訪問。夜は別荘でゆっくりしながら、好いワインを楽しもうということにした。  選んだワインは、ルイ・ロデレールのシャンパン、ピュリニー・モンラッシェ、ヴィルネイの3本と、バロン・ド・ロスチャイルドのシャンパンの合計4本。選んでみると、ブルゴーニュとシャンパーニュの組み合わせとなった。  スパークリングワインというと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]ソアヴェ

 ベリーニ ソアヴェ DOC 2015年 アルコール度数12% ガルガネカ85% トレッビアーノ15%  ヴェネト州は、エミリア・ロマーニャ、プーリア、シチリアなどとイタリア国内ワイン生産量のトップを争う州である。  ソアヴェは、アブルッツォ州のトレッビアーノ・ダブルッツォと並んで日本でよく見かける白ワインだ。1,000円台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]クロアチアのワイン ボシップ

クロアチアは、イタリア半島からアドリア海を隔てた東側にある国だ。1991年スロベニアとともに、ユーゴスラビアから独立した。アドリア海岸最南部に位置するドゥブロヴニクは、アニメ「魔女の宅急便」や「紅の豚」に描かれる町並みのモデルとなったことで知られている。典型的な地中海性気候の地域といえるだろう。海風はあるが、夏は暑くて乾燥する地で栽培さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]トルコのワイン

 トルコは東洋(オリエント)と西洋(オチデント)が交差する国である。  ローマ帝国時代、コンスタンチヌス1世が、ビザンチンに建設した都市であったが、西暦395年にローマ帝国が東西に分裂してからは東ローマ帝国の首都となった。  しかし1493年にオスマントルコにより東ローマ帝国は滅亡し、以後イスタンブールと名を変えオスマン帝国の首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more