[ダンス]2019年WDC世界選手権プロボールルームの結果

11月29日マレーシアペナンで開催された競技会の結果は次の通り。
1位 アンドレア・ギジャレッリ組 英国
2位 ビクター・ファン組 米国
3位 ヴァレリオ・コラントーニ組 イタリア
4位 スタニスラフ・ゼリアニン組 ロシア
5位 セルゲイ・ルス組 ウクライナ
6位 スタス・ポルタレンコ組 ポーランド

16位 浅村慎太郎組
17位 橋本剛組

昨年の世界選手権以降、アンドレア組がビクター組を上回る成績を残しているが、ポジションが完全に入れ替わったようだ。

ファイナルの順位は、ロンドンインターの時とほぼ同じ。ロンドンインターの時は、クラペッツ組が2位だったが、ビクター組が不出場のため。今回は、クラペッツ組が不出場。その他の成績は同じだ。

長らく橋本剛組の後塵を拝してきた浅村組が、橋本組の1つ上の順位を獲得。個人的には、浅村組の踊りのほうがすきなので、嬉しい結果だ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2019年12月29日 19:59
はじめまして
いつも楽しく拝読させていただいております
WDO なる組織が設立されたようですが、
どのような影響力がありますか
どのようにお考えでしょうか?