Yokoyoko DIARY

アクセスカウンタ

zoom RSS [戸部]ラコッペ:牛バラ肉の赤ワイン煮

<<   作成日時 : 2017/05/03 18:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 連休中はお休みになるお店が多い。ラコッペさんは開いているということで、予約も取れたのでお邪魔することにした。
 食事を終えて帰るお客さんのすぐ後に席が埋まり、常時満席状態だった。特に今日は混んでいた。

画像 スープは新じゃがと新玉ねぎのスープ。ほんのり甘さを感じる仕上がりで、塩加減も絶妙だった。
 付け合わせは、パテ・ド・カンパーニュ、紫キャベツのコールスロー、レンズ豆。どれも美味しくいただけた。












画像 この、赤ワイン煮をいただくのが今回お邪魔した目的だ。
 バラ肉を使っているのに脂っぽさを感じない。前に牛ほほ肉の赤ワイン煮をいただいた時のソースは甘さを感じ、もっとこってりとした仕上がりだったが、今回のものは酸味を感じる爽やかな出来。使った赤ラインがカベルネソーヴィニオンからピノノワールに代えたのではないかと思ってシェフに聞いてみたが、同じカベルネを使ったとの事。但し今回は、ホールトマトを入れたので酸味が強調されたのかもしれないとのことだった。
 暑さを感じ始めるこの季節に合った味付けだった。トマトベースの味付けをすると、赤ワイン煮というより、シチューになって行く。しかし、あまり使いすぎなければ、このような季節感の出た味わいにすることができると分かって、大変参考になった。付け合わせの野菜類も良い味を出していた。

画像 デザートには、ミックスベリーのマフィンをオーダー。
 ラズベリー、ブルーベリーが感じられる一品。しかし、フランボワーズの酸味が感じられなかったので、インパクトが弱かった。若干パサついた食感だったのが気になったところ。ちゃんと温めて出してくれるので、その分美味しくいただけるがもう少ししっとり感が欲しいところ。最後の2個だったので、時間が経っていたのかもしれない。
 ケーキを何十年も食べ続けていると、いつ作ったのか鮮度が分かるようになる。大体どのお店のケーキも出来立てというのは少ない。従って、余り外ではケーキが食べられなくなる。

 ケーキはさておき、このお店の紅茶はいつ行っても美味しい。今回はオレンジフレーバーのものを出していただいたが、湿度が低くて気温が高い初夏のような気候にピッタリのものだった。酸味と言っても、レモンフレーバーではこの味わいは出せない。
 こういった心遣いも良い。

 ごちそうさまでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[戸部]ラコッペ:牛バラ肉の赤ワイン煮 Yokoyoko DIARY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる