テーマ:ダンス

[ダンス]これからのダンス界

4月にアップして以来、3カ月以上経ってしまいました。この間、何人の方からコメントを頂きました。私のようなである調で物事を決めつけるスタイルの書き方は、今の世の中の雰囲気にマッチしていなくて、読んでいただいている方はあまりいないのだろうな、と思っていましたが、励ましのコメントを頂き、ありがとうございました。  コロナウィルスに翻弄される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]全英選手権のスケジュール

 コロナウィルスの影響で、日本の競技会も中止/延期されているものが多く出ている。例えばスーパージャパンカップはセグウェイ部分のみ6月21~22日に延期となり、併催競技は中止。10ダンス選手権も併催競技は中止され、スケジュール未定で延期。日本インターは現状予定通り開催などとなっている。  世界に目を転じると、全英選手権は5月16~2…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

[ダンス]2020年アジアンオープンの結果

 競技選手の団体間の相互乗り入れが進み、アジアンオープンにはJBDFのトップ橋本組が参戦するようになった。  ラテンでも、野村組、背内組などJBDFのトップ選手が参戦した。  団体の垣根を越えて、トップ選手が参加することにより競技会の権威が高まるのは良いことだと思う。 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]競技ダンス団体統一の新しい流れ

2010年に往年の名チャンピオンリチャードグリーブが提唱して始まった、Freedom to Dance 競技会を発展させる形で、新しい競技ダンス団体が立ち上がった。その概要は次の通り。設立総会は、2019年5月に開催されている。 名称:WDO:World Dance Organizers(略称:WDO) 発起人:アルーナス・ビゾ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

[ダンス]ビクター組の今後

 ここのところ、アンドレア組に分が悪くなってきたビクター組。今年のUKオープンには出場しなかった。正式な引退表明はされていないようであるが、2週間ほど前にプレスリリースされたWDCのステートメントの内容が気になった。  ビクターのパートナーであるアナースターシャ・ムラビエーヴァが、WDCの会長補佐(エグゼクティブ プレジデンタル …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2020年UKオープンプロラテンの結果

 昨年度の結果と合わせて表にした。  ファイナリストは、引退したコッキ組に代わってフィリッポ組が初優勝。  日本人選手は、増田組の準々決勝前までが最高の成績。引退した瀬古組の後を埋めるカップルは現れなかった。その下の予選進出者数も、昨年の10組から今年は5組に半減。統一全日本麩ファイナル常連の正谷組も進出できなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2020年UKオープンプロボールルームの結果

 昨年の結果と合わせて表にした。  ファイナリストのメンバーは殆ど同じ。  昨年まで準々決勝入りしていた橋本組、準決勝を目指していたのにワンランク下の成績となった。  ライジングで3位となった廣島組は相変わらず好調のようで、橋本組や浅村組と同じ成績を獲得。  その下の予選まで来たカップル数は昨年より3組減少している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2020年UKオープンプロライジングの結果

 いよいよ、今年のダンスシーンが始まった。まずは、UKオープンのプロライジングの結果から。過去の結果と合わせて表にした。  ボールルームでは、廣島組が嬉しい3位入賞。  ラテンでは野村組が日本人トップの成績。  いよいよ今年は両カップルがチャンピオンの座に就くのか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]競技人口の減少

競技人口の減少が叫ばれて久しい。そこで、一般公開されているJDSF事業報告書のデータを基に、2011年から2018年までの競技人口の変化を表にしてみた。 驚くことに、JDSFに登録されている競技者の数は、この8年間一貫して減少し続けている。2011年度を100とすると2018年度は73.5%となっていて、競技人口は3/4に縮小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]テレスピンへの入り方

ファーラウェイリバース→スリップピボット→テレマーク→テレスピン 競技会で最も使用頻度の高いコレオグラフィだ。スタンダードでは、ほとんどの種目で使うことができる。 しかし難しい。ファーラウェイポジションからスリップピボットしてテレマークするところで、リーダーとパートナーのポジションがずれる。男子が移動量を稼ごうとして、女子を置き去り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年JBDF東部東京ダンス選手権の結果

12月1日に開催された競技会の結果は以下の通り。これで今年度の競技会は終了。 (プロボールルーム) 1位 本多龍士組 2位 末安祐一郎組 3位 室伏宏明組 4位 金野哲也組 5位 三森秀明組 6位 井崎健太組 (プロラテン) 1位 瀬底正太組 2位 中島光一組 3位 中村公紀組 4位 有馬直樹組 5位 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年JBDF東部全関東選手権の結果

11月24日に開催された競技会の結果は以下の通り。(プロボールルーム)1位 結城智史組2位 金野哲也組3位 三森秀明組4位 杉野貴史組5位 室伏宏明組6位 鈴木貴雄組出場組数45組 (プロラテン)1位 森田銀河組2位 日野雄樹組3位 久野将也組4位 進藤博信組5位 塩野龍弥組6位 高橋祐貴組出場組数33組 尚、欠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年JBDF東部プロC級スタンダードの結果

 アマの東部日本ダンス選手権と併催された、プロC級スタンダードの結果は以下の通り。  これまでの競技会と合わせて表にした。  気になったのは、出場組数の変化。今回のエントリー数はそれまでと比べて30組近く少なくなった。更に欠場組数が30組以上出て、出場組数は、前回より40%以上も少なくなってしまった。C級からB級への昇格基準は、持ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年アマ東部日本選手権の結果

 11月4日に開催された競技会の結果は以下の通り。  ボールルームは3組、ラテンは4組、ファイナルにC級/B級のカップルが入賞したのにはチョットびっくりした。  学連で活躍中や学連OBの選手の活躍が光っている。  もう1つ驚いたのが勝部晃選手。当ブログでも5年前に紹介した選手だが、立教大学を卒業してターンプロし、1年目でB…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

[ダンス]2019年統一全日本の結果

 昨年度の成績とあわせて表にした。  ラテンは増田組が悲願の初優勝。昨年5位の正谷組は2位に躍進。初ファイナル入りの野村組は4位。森田組は6位。村田組はファイナル7位。  ボールルームは橋本組が5連覇を達成。小林組が3位に躍進。初ファイナルの廣島組は森脇組の上を行く4位。福田組は6位。昨年ファイナル入りした樋口組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年WDCプロラテン世界選手権の結果

フロリダで開催された競技会の結果は以下の通り。 1位 リカルド・コッキ組 USA 2位 トロエルス・ベージャー組 USA 3位 ドリン・フレカウタヌ組 モルドバ 4位 パヴェル・ズヴィチャイニィ組 ドイツ 5位 マッシモ・アルコリン組 イタリア 6位 モルテン・ロウエ組 デンマーク 28位 鈴木佑哉組 30位 瀬内英幸組…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

[ダンス]2019年JBDFプロフェッショナルダンス選手権

10月26~27日に開催された競技会の結果は次の通り。 (ラテン) 1位 増田大介組 2位 森田銀河組 3位 野村直人組 4位 清水基允組 5位 竹内大夢組 6位 瀬底正太組 7位 中島光一組  正谷組は準決勝で棄権。 (ボールルーム) 1位 橋本剛組 2位 浅村慎太郎組 3位 小林恒路組 4位 廣島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]今年の統一全日本

ロンドンインターが終わると、いよいよ統一全日本だ。ファイナリストの顔ぶれを占ってみたい。 昨年のファイナリストのうち、ボールルームではJCFの三浦組、JBDF東部の臼井組が引退した。ラテンでは、瀬古組が引退。昨年優勝の金光組はエントリーしていない。また、ファイナル有力候補だった西井組も、臼井組と同様3月のスーパージャパンを最後に引退し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]リカルドコッキ/ユリア組が引退を表明

 今年のロンドンインターで優勝した、リカルドコッキ/ユリアザゴルイルチェンコ組が引退を表明した。  と言っても、10月26日にフロリダで開催されるWDC世界選手権で掉尾を飾っての引退ということ。  プロラテンは、ブライアン・ワトソン、マイケル・マリトウスキー、リカルド・コッキとチャンピオンが継承されていったが、この3組の中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年ロンドンインター本戦の結果

(プロラテン) 1位 リカルド・コッキ組 USA 2位 ステファノ・ディ・フィリッポ組 USA 3位 トロエルス・ベージャー組 USA 4位 ドリン・フレカウタヌ組 モルドバ 5位 キリル・ベロルコフ組 ロシア 6位 ニノ・ランジェラ組 英国 2次予選 増田大介組 正谷恒輝組 清水基允組 (プロボールルーム) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年ロンドンインターの結果

(プロラテン) 2次予選(Top85) 増田大介組 正谷恒揮組 清水基允組 (プロライジングラテン) 準々決勝 野村直人組 鈴木佑哉組 2次予選(Top65) 増田大介組 正谷恒揮組 清水基允組 森田銀河組 村田雄基組 辻 翔平組 (プロボールルームライジング) 決勝   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]2019年GP仙台シニアⅠラテンでロペス/村主組が7位

 世界選手権日本代表を目指していたロペス/村主組は残念ながら7位に終わった。  成績は以下の通り。 1位 押川慧悟組 2位 石田茂之組 3位 山本哲郎組 4位 小泉 遼組 5位 仁井田長剛組 6位 河野弦二郎組 7位 岸英明/村主章枝組 出場組数24組 優勝した押川組は、JDSFアダルト部門の準強化選手。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

[ダンス]レッスン料について考える

 久しぶりに、個人レッスンに通おうと思って、いくつかのダンススクールを回ってみた。スクールに通わなくなってだいぶたつが、レッスンのシステムが殆ど変わっていない事が分かった。  あまり利用者サイドに立っていないように感じたので、その辺りについて記してみたい。  レッスン券を10枚、30枚、50枚、100枚・・・といった単位で購入す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[ダンス]藤井組のジャーマンオープンの結果

 新カップルを結成して、ジャーマンオープンに参戦した藤井組。  今年の成績を、昨年のものと比較すると、以下の表となる。  両カテゴリーとも、昨年より成績が良くなっていることがわかる、  特にライジングラテンでは3位の成績。日本選手が、ライジングやアダルトのカテゴリーで決勝入りするのは久しぶりのことだと思う。  本人た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンス]ロペス/村主組 日本スポーツマスターズ2019で6位

8月18日に岐阜県で開催された日本スポーツマスターズ2019年マスターズⅠラテンで、ロペス/村主組は6位の成績だった。 1位 上原伸之組 2位 真田清人組 3位 河野弦二郎組 4位 永井孝明組 5位 浜田佳孝組 6位 岸 英明組(ロペス) 出場組数11組。 今回3位の河野組は5月のGP熊本では3位の成績。 1~…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

[ダンス]2019年ジャーマンオープン総括

 今年のジャーマンオープンの結果を見ると、問題点が2つ見えてきた。  欧米勢から離され、中国勢の後塵を拝するようになって久しいが、アマ部門においてはその他のアジア勢にも勝てなくなってきている。  例えば、 GOCアダルトスタンダードにおいては 13位 韓国組 17位 タイ組 18位 フィリピン組 43位 棚橋組 という結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more