テーマ:ダンサー点描

[ダンサー点描]ファビオ・セルミ

 ファビオ・セルミ。1990~2000年にかけて活躍したイタリア人スタンダードダンサー。数年前にレッスンを受けていた時の、先生の先生がこの人だったので、名前は知っていたが、印象があまりない。日本の競技会に出場したところを見たことがないので、印象に残っていないのかもしれない。  競技会記録に現れてくるのが、1993年。WDDSCヨー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[ダンサー点描]スティーブン・ヒリア

 1980年代のプロスタンダード部門は、リチャード・グリーブ引退によって空いたチャンピオンの座に、マイケル・バーが就いたところから始まった。  下表に示す通り、マイケル組は、1981~5年にかけて世界選手権5連覇を達成している。同時に、次期チャンピオンを目指した2位・3位争いは熾烈を極め、毎年のように順位が入れかわる状況であった。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

[ダンサー点描]フランコ・フォーミカ

 フランコ・フォーミカという名前を聞いて、アァあのダンサーねって分かる人は少ないと思う。ワトソン、クリクリビーは、踊りもルックスも印象的である。コッキとマリトースキーは今、チャンピオンを争っている。フランコが好きな人は、通な人が多い気がする。筆者の好きなダンサーの一人である。  競技ダンス人生  フランコは、ドイツ出身。同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンサー点描]ホーソンとホーキンス

1990年代後半から2000年代前半に活躍し、共に世界チャンピオンとなった英国人のスタンダードダンサー、ティモシー・ホーソンとクリストファー・ホーキンス。ジュニア時代から、プロとして引退するまで、終生のライバルとなった二人の足跡についてたどってみたい。この二人の引退以降、残念ながらダンス発祥の地、英国からチャンピオンは誕生していない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

[ダンサー点描]ウィリアム・ピノ

哲学者のような雰囲気を持った、ウィリアム・ピノが引退してもう9年がたつ。記録より記憶に残るダンサー、ピノ。日本での人気でいえば、同時代のトップダンサー、ホーキンス、ホーソンをも上回るものであったと思う。 ピノのダンス人生 1990年アレッサンドラ・ブッキャレリとカップル結成。以後引退するまでの16年間、パートナーチェンジす…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[ダンサー点描]ワトソンとクリクリビー(後編)

前回はワトソンとクリクリビーの競技会人生について述べたが、今回はそのダンススタイルについて触れていきたい。 カップル歴 ワトソンのカップル歴は、レオーニと6年、ハーディと5年、カルメンと8年。レオーニと組んでアマチャンピオンとなり、ハーディと組んでプロチャンピオンとなり、カルメンと組んで他のカップルを寄せ付けない絶対王者…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[ダンサー点描]ワトソンとクリクリビー(前篇)

今の若いダンサーたちにとって、ドニー・バーンズは伝説のチャンピオンだと思う。でも、ワトソン、クリクリビーに影響を受けたダンサーは多いと思うし、特にクリクリビーの踊りをまた見たいという人も多いはずだと思う。その二人を2回に分けて取り上げていきたい。一方は長い間チャンピオンの座に就き、もう一方はチャンピオンから遠ざかるダンス人生となっている…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

[ダンサー点描]アウグスト・スキアボ

 アウグスト・スキアボ。ローマ帝国が、共和政から帝政に移行した時の初代皇帝アウグストスの名前を戴くダンサーだ。正に先駆者にふさわしい名前である。 イタリア出身のスタンダードダンサーで、初めてチャンピオンに輝いたのは、ルカ・バリッキである。イタリアンスタイルというと、体を投げ出すようなダイナミックなムーブメントを持ち味とする踊りが特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンサー点描]アンドリュー・シンキンソン

1980年代後半はいい時代だった。マーカス・ヒルトンとジョン・ウッドによる激しいチャンピオン争いがあり、次を狙うダンサーが現れた。それが、アンドリュー・シンキンソンである。  世界チャンピオンとしての将来を嘱望されながら、果たせなかった彼のダンス人生について、触れてみたい。 アンドリューのダンス人生  アンドリューは、ロレイン・バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンサー点描]シャーリー・バラス

 サミーストップフォード、コーキー・バラスと組んで、世界チャンピオンとなった女性ダンサーだ。私の知る限り、二人のリーダーまたはパートナーとチャンピオンとなったのは彼女だけであると思う。 そんな彼女のダンス人生はなかなか興味深いものがある。 シャーリーのダンス人生 シャーリーは、アマ時代無名の選手だったが、アマラテンの世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンサー点描]マーカス・ヒルトン

 引退してから、10年以上たっているが、ダンスファンなら、誰でも知っているカップルといっていいだろう。今活躍していれば、イケメンダンサーと呼ばれたに違いないマーカスである。カッコ良さと気品を持ったダンサーであった。  特筆すべきは、競技選手としての現役時代から引退して今日に至るまで、パートナーチェンジをしていない希なカップルである。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンサー点描]ドニー・バーンズ

ドニーが成し遂げた大記録 スタンダードしか踊れない筆者が、ラテンダンサーについて述べるのはいささか気が引けるが、世界の競技ダンス史上最強のダンサーは、ドニー・バーンズ、ゲイナー・フェアウェザー組であろう。 ドニーは、1959年スコットランド生まれ。ゲイナーといつカップルを組んだかは定かではないが、ドニーにゲイナーを紹介したのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ダンサー点描]ジョン・ウッド

田中英和の映像を見ていて、1990年代のダンサー達の踊る姿がフツフツと蘇ってきた。 2013年、某月刊誌に世界の歴代ファイナリスト達のことを連載したことがあった。 改めてそれをここに記載し、手に汗握って彼らの姿を追った頃を振り返って見たい。 第一回目は、ジョン・ウッド。 ダンス発祥の地、イギリス。呼び名は変わるものの、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more