テーマ:コーヒー

[湯川]NONEカフェ

昨年夏に、湯川公園のすぐ近くにできた、自家焙煎珈琲のお店。焙煎したコーヒーを1週間以内に飲み切るため、少量の豆を手焙煎している。 コーヒーの味云々というより、ガラス窓越しに見える川沿いの景色、店内のゆったりとした雰囲気、店主さんの飾り気のない佇まいに、癒されるお店だ。 窓外の木々の枝々には、店主さんが作った小さな人形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[神田]ビィオットのマンダリン

 神田駅南口にある、コーヒー専門店。近くに用事があり、時間が空いたので訪問。レトロな雰囲気の店構えのお店だ。コーヒーは、ブラジル、グアテマラなど国名を記した品揃え。国名ではないが、マンダリンを注文。こちらのお店は、ネルドリップで抽出してくれる。  ウェッジウッドのカップで出すところに老舗感が出ている。インドネシアのコーヒー豆は苦味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレンド

 以前コーヒーのブレンドについて書いたことがあった。その時は、どんなコーヒー豆をどんな割合で混ぜているかどうかが分からないブレンドには興味がないと書いた。  最近は、自分で買ってきた豆をブレンドして楽しむようになった。品種や焙煎の違う豆をブレンドすると、味わいにバランスが取れてくる。その比率を変えると、味わいを変化させるのは自由自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[鎌倉]鎌倉コーヒー豆.com

 御成通りの中ほどにある、自家焙煎珈琲店。  店主のチョイスしたブレンドコーヒー各種と、シングルオリジンコーヒー豆が購入でき、店内でもネルドリップで抽出したコーヒーがいただける。  ネルドリップで抽出する場合、大体が年齢が高い方が、深めに焙煎したコーヒー豆を使って淹れてくれる場合が多いが、このお店のコーヒーもそういった味わい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]シバコーヒーのティスティングセミナー

 ワインのティスティングセミナーには、ここのところ月2回のペースで参加しているが、コーヒーのティスティングセミナーは今回が初めて。  最近、コーヒー豆を購入させていただいている、新丸子のShibacoffeeさん主催だ。  出されたコーヒーの種類が何と15種類。左の写真は、ガテマラの豆を、ミディアム、シティ、フレンチ、イタリアン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[六角橋]ラップスクレープ

 東横線白楽駅を下車して坂道を下り、環状2号を横断して、神大方面へ。神奈川大入口交差点近くにあるクレープ店だ。白楽駅から神奈川大への通学路の途中にあるので、神大の女子大生御用達の店のようだ。  ドリンクは、コーヒーをお願いした。ガラス製のグラスが珍しい。アツアツのコーヒー。苦味の利いた軽めの味わい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[DIY]100均セリアでドリップスタンド

 先日、ワインのコルク栓でドリップスタンドを試作したが、グラグラ安定しないので使用を断念。  ネットで色々探し、セリアのアイアンレールとウォールボックスを使って作ることにした。ドリッパーの大きさは1~2人用と2~3人用の2種類使用する。そうなるとドリップポットの高さも変わってくるので、2段でドリッパーがセットできるアイアンレールにした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]コルク栓でワインスタンド

 コーヒーを淹れるのに、今まではドリップポットの上にドリッパーを乗せて抽出していた。しかし、最近はより安定した抽出方法を目指して、抽出量を計りで確認するようにした。こうなると、ドリッパーとドリップポットを別置きにしないと、抽出量が分からなくなる。  ということで、ワインのコルク栓を使って、ドリップスタンドを作ってみた。作ったは良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[新丸子]SHIBA COFFEE

 東横線新丸子駅から徒歩5分のところにある、自家焙煎珈琲のお店。カウンターで好きなコーヒーを飲むことができる。柴田さんというオーナーがやっているところから店名がつけられたようだ。  シングルオリジンの豆の種類は14種類ほど。シティローストからイタリアンローストまで、どちらかというと深煎りにこだわったお店だ。  1杯目は、フレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[センター南]珈琲豆屋

 横浜市営地下鉄センター南駅で下車して西側に徒歩10分ほどのところにある、自家焙煎珈琲店。溶岩焙煎という焙煎方法を売りにしている。    溶岩焼きとは、溶岩にガスの直火を当てて、その輻射熱と遠赤外線によって焙煎する方式だということのようだ。実際には見させてもらっていないので、どのような形式の焙煎設備を使用しているかわからないが、ガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[保土ヶ谷]帷子(かたびら)珈琲

 保土ヶ谷駅西口徒歩3分のところにある、焙煎珈琲屋さん。豆の販売がメインだが、お店のカウンターでも好きな豆でコーヒーを淹れてくれる。1杯300円という手ごろな価格なので、男女、年齢層を問わずお客さんが次から次と来店する。このお店は、ハリオV60ドリッパーで抽出する。豆の量は200ccに対して最近は18g使用。抽出開始温度は90℃。抽出条…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[みなとみらい]BUKATUDOU COFFEE

 みなとみらい築ランドマークプラザの地下1階にあるコーヒーショップだ。アルファベットになっているが、「部活動」という名前だ。  この場所にレンタルスペースのような場所があり、「餃子部」「レコード部」「昭和文化研究部」「オトナ手芸部」などの部があり、活動している。  その他、キッチンや、ワーキングスペースと称する、テーブル席があり、会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[美しが丘]カフェブランコ

 自家焙煎珈琲豆の販売とカフェスペースでコーヒーとケーキがいただけるお店。  最寄りの駅は田園都市線たまプラーザ駅だが、そこからでも2km以上離れている。車じゃないと行けないお店だ。  外観はこんな感じ。保木公園のすぐ前にある。駅からは遠いが、近くにはスーパー、ドラッグストア、成城石井などがあり、不便さは感じさせない場所だった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]ゲイシャ

 コーヒー付きの人なら知っている「ゲイシャ」。日本語でもないのに、日本語の響きを持つコーヒー豆の銘柄だ。  最近は色々な国と地域で生産されるようになったが、パナマ産エスメラルダ農園のゲイシャが一番人気がある。  花のような香りで、すっきりとした味わい。紅茶のようなフレーバーというのも売りだ。  毎年運がいいと、今頃手に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[菊名」]ポラーノ書林のブレンドコーヒー

 このお店に伺うのは、1年半ぶりのこと。開店時間が14時なので、なかなかタイミングが合わなかった。これまでは、シングルオリジンのスペシャルティコーヒーをいただいていたが、今回は店主さんの勧めで、ブレンドコーヒーをいただくことにした。コロンビア、ガテマラ、ブラジルのコーヒー豆のブレンドという。  コーノ式で淹れるコーヒー。最近の私は、ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[松戸]イグレック イグレック

 常磐線の松戸駅西口から1時間に2~3本しかないバスに乗り、古ヶ崎で下車して徒歩5分ぐらいのところにある、コーヒーとケーキのお店。松戸駅はお祭りでごった返していて、停留場も臨時の場所に移動していて、横浜から行くには、ハードルの高いところにある。  しかし、時間を掛けて行っただけあって、コーヒーもケーキもレベルが高い。  ケーキは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]丸山珈琲のアイスコーヒー

 有楽町駅を銀座口で降りて晴海通りを南に歩き、銀座5丁目に、長野県のアンテナショップ、銀座長野がある。  長野県の物産などが販売されている。  このビルの2階に丸山珈琲が出店している。東京は猛暑日の1日だったので、アイスコーヒーを注文した。  フレンチプレスで抽出したコーヒーを氷でしっかり締めて作っていた。ドトールなんかよりはるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[中軽井沢]スーパーツルヤミカド珈琲のマンダリンハルム

 ここのコーヒーが好きだ。スーパー内にあるお店とは思えない味わい。コーヒー豆は週替わりで、インドネシアのマンダリンハルムという豆だった。マンダリン特有の苦みはあるが酸味も感じる味わい。ペーパードリップだが淹れ方が丁寧で、さすがに専門店という感じがする。温度も少し高めなところが私には合う。雑味もなく濃さも適当。女性のほうが細やかなところま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[六角橋]珈琲文明のコーヒーとケーキ

 岸根公園の帰りには、六角橋商店街に寄るのが定番のコース。ひところは足げく通った珈琲文明に久しぶりにお邪魔した。  サイフォンで抽出するコーヒー専門店としてのブランド力を確立しているお店だろう。TV番組で何度も取り上げられて、ウィークエンドはいつ行っても満席状態で、足が遠のいていた。    平日の開店直後ということで、お客様はゼロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ワイン]コルク栓でろ紙ラック

 前回作ったキッチンマット。コルク栓同士を接着するだけでは強度が弱く、人が乗るたびにあっちっこちの接着部分が取れてしまった。ということで、コルクボードを買って来て、そこに接着したらだいぶ具合が良くなった。  今回は、そのキッチンマットを作ったときに出たコルク栓の端切れを使った作ったものだ。45mmのコルク栓を使うと、5mm程度の端…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]スペシャルなスペシャルティコーヒー

 先日、ブルーマウンテンNo.1、コナ・エクストラファンシー、グアテマラのゲイシャを1日で飲む機会があった。どのコーヒーも、とにかく雑味がない。アフターティストがすっきりしていて、いくらでも飲める。コナは若干の苦みを感じるが、その苦味がすぅーっと消えていく。ゲイシャはさすがに華やかで、フローラルな花の香りがプンプンする。ブルマンは酸味や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[中軽井沢]レイコーヒー

 イエメン産の豆が入っているようだったので、訪問したがすでに売り切れとのこと。仕入れて2週間で完売となってしまったようだ。  イエメンは内戦が続いていて、コーヒー豆の流通が滞りがちな国となっている。モカマタリなど、良い豆がそろっているだけに残念だ。さすがにこのお店の常連さんは良い豆に対する注目度が高い。  ということで、妻はコロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー] コーヒー業界の課題

 先日名古屋に行ってとあるカフェに入り、シングルオリジンコーヒーを注文した時、豆の種類や精製方法を全く答えられない店員がいたことを紹介したが、後で調べるとこの人はラテアートの世界大会で3位を取った実績のある人だった。また、別の機会でコーヒーカップを温めずに抽出したコーヒーを注いで、冷めたコーヒーを出すお店に出あったことがあったが、このお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[名古屋]カフェ巡り 栄編 西原珈琲店

 東山線栄駅から北に5分ほどのお店。通りから奥まったところに入口がある。店内に入ると、暗くて静かなお店だ。落ち着く。お客もあまり入っていない。話し声も気にならない作りだ。広々としているところも良い。  この店は、コロンビアスプレモ、ブラジルサントスなど定番のスペシャルティコーヒーを出してくれる。  定番の中では好きなマンデリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[名古屋]カフェ巡り 久屋大通編 加藤珈琲店

 地下鉄桜通線久屋大通駅を降りて、桜通りを東に5分ほど行ったところにある。この店は、名古屋名物モーニングのセットメニューのあるお店で、おすすめコーヒーにミニトーストと茹で卵がついて410円だ。  お店についた時点でかろうじてカウンターに1席空いている程度。テーブル席もあるがほぼ満席の状態。その後もお客の入れ替わりが激しく、人気店だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[名古屋]カフェ巡り 伏見編 ザ カップ

 地下鉄東山線伏見駅から北に5分ほどのところにある。ガラス張りの広々とした店内。ラテアートを売りにしているお店のようだ。しかし私はカフェラテを飲まないので、シングルオリジンコーヒーから選ぶことにした。タンザニア、コロンビア、エチオピアなど4種類がラインアップされていて、酸味、苦味などの程度が★のマーク数で表示してある。他人の評価を元に選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]ペーパードリップの種類と味わいの違い

 コーヒーの抽出器具と言うと、古くはネルドリップ、サイフォン、フレンチプレス、最近はエアロプレスなどと言うのも出てきている。しかし、取扱いの簡単さを考えると、ペーパドリップが一番であろう。  我が家でも、サイフォン、フレンチプレス、夏場のアイスコーヒーように水出しドリッパーなどを持っているが、大体は、ペーパードリップでコーヒーを淹れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[横浜]カフェ巡り:弘明寺編

 横浜市営地下鉄ブルーライン弘明寺駅から直ぐの場所にある、猿楽珈琲。京浜急行からだと、商店街を抜けて10分ほどの距離にある。  深煎り珈琲にこだわったお店で、イルガチェフG1、モカレケンプティ、マンデリンG1、コロンビアスプレモ、ケニアAAという、苦味に特徴のあるコーヒー豆ばかりをそろえている。浅めの深煎りは、グアテマラのアテトラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[コーヒー]ウェーブドリッパー

 元町にある、コーヒーハンター川島良彰経営のミカフェートで使用されているドリッパーだ。  気になる形状をしていたので、試してみることにした。  円すい台形を逆さにした格好をしている。しかも、側面の紙にはウェーブがついていて、表面積が大きくなるような形状となっている。底部は円形となり、ガラス製のドリッパーには、穴が3つ開いている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more