[ダンス]リカルドコッキ/ユリア組が引退を表明

 今年のロンドンインターで優勝した、リカルドコッキ/ユリアザゴルイルチェンコ組が引退を表明した。

 と言っても、10月26日にフロリダで開催されるWDC世界選手権で掉尾を飾っての引退ということ。

 プロラテンは、ブライアン・ワトソン、マイケル・マリトウスキー、リカルド・コッキとチャンピオンが継承されていったが、この3組の中では、リカルド組の踊りが一番好きだ。何といってもユリアのしなやかにしてエレガントな踊りが好きだし、いなせで粋なリカルドの踊りも私の感性に合っていた。

 チャンピオンの座に君臨したのは2016年からなので、4年間チャンピオンを続けたことになるが、個人的にはもっと早くチャンピオンになっていても良いカップルだったと思う。

 長い間、ワクワクさせてくれる踊りを見せてくれてお疲れさまでした。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント