[ダンス]2019年GP仙台シニアⅠラテンでロペス/村主組が7位

 世界選手権日本代表を目指していたロペス/村主組は残念ながら7位に終わった。
 成績は以下の通り。

1位 押川慧悟組
2位 石田茂之組
3位 山本哲郎組
4位 小泉 遼組
5位 仁井田長剛組
6位 河野弦二郎組
7位 岸英明/村主章枝組

出場組数24組

優勝した押川組は、JDSFアダルト部門の準強化選手。昨年度の全国ランキング10位のカップル。
2位となった石田組はJBDF10ダンス選手権5位など、スタンダード/ラテンの両方をこなす選手。
3位の山本組は、GP熊本シニアⅠの優勝カップル。
4位の小泉組は、昨年度のJDSFラテン全国ランキング20位のカップル。
5位の仁井田組はJP熊本7位のカップル。
6位の河野組はJP熊本2位のカップル。

 つまり、ロペス/村主組が優勝するためには、こういった実績十分のカップルに勝たなくてはいけなかったことになる。いくらなんでも、ダンスを始めて1年もたたない選手がこういった選手たちに伍して戦うことはかなり厳しいということだ。
 
 個人的には実力通りの結果がでて、ほっとしている。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

当日観戦者
2019年09月10日 10:24
何を根拠に実力通りとおっしゃっているのでしょうか?
実力通りなら決勝にも入れませんよ。準決勝で落ちた選手がかわいそう。