[ワイン]コルク栓でろ紙ラック

 前回作ったキッチンマット。コルク栓同士を接着するだけでは強度が弱く、人が乗るたびにあっちっこちの接着部分が取れてしまった。ということで、コルクボードを買って来て、そこに接着したらだいぶ具合が良くなった。

 今回は、そのキッチンマットを作ったときに出たコルク栓の端切れを使った作ったものだ。45mmのコルク栓を使うと、5mm程度の端切れが出る。捨てるのはもったいないと思い取っておいて、何にしようかと考えた。

 我が家は三洋産業のスリーフォーというペーパードリップを使ってコーヒーを淹れている。そこでこのドリッピングペーパーにあうラックを作ることにした。

 キッチンマットを作ったときのノウハウを生かし、コルクシートを買って来て、ラックの外形形状に合うようにカットして端切れを張り付けるようにして作っていった。

 幅は100枚のドリッピングペーパーが格納できる程度のものとした。

 余り大きいものではないので、乾燥期間を考慮しても2~3日程度でできるだろう。

 ろ紙ラックなので左程強度も必要としない。これなら、コルク栓が10個もあればそれを5mm単位に刻んで作ることが可能だと思う。興味のある方はお試しあれ。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック