[コーヒー]ウェーブドリッパー

画像 元町にある、コーヒーハンター川島良彰経営のミカフェートで使用されているドリッパーだ。
 気になる形状をしていたので、試してみることにした。
 円すい台形を逆さにした格好をしている。しかも、側面の紙にはウェーブがついていて、表面積が大きくなるような形状となっている。底部は円形となり、ガラス製のドリッパーには、穴が3つ開いている。

 抽出してみると、上から注ぐお湯が比較的均等に、底部から出てくる構造になっている。コーノ式や、3-4、ハリオV60と比べると、抽出コーヒーが出て行く面積が広い。その分抽出層が薄くなるため、スッキリとした味わいになる。抽出層の厚みが一定となりやすいので、いつもコーヒーを安定して同じ味わいに抽出できると思う。

 言葉で説明するのは難しいが、立方体の形状をしたドリッパーで抽出すれば、均等/均一な抽出が達成できると考えれば、このウェーブドリッパーの形状はそれに近いということになる。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック