Yokoyoko DIARY

アクセスカウンタ

zoom RSS [戸部]ラコッペ:南部鶏のカリカリ焼

<<   作成日時 : 2017/04/06 17:45   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨年末のクリスマスランチ以来の訪問だ。
 今回は、掃部山公園の近くに駐車場を見つけることができた。3台しか停められないが、わかりにくい所にあるので意外な穴場かもしれない。

画像 ダイコンと新玉ねぎのポタージュ。バゲットには、サーモンのペーストが付く。
 ポタージュはアツアツで、野菜の甘味がしっかりと出ている。うまい!!














画像サイドメニューは、タコのマリネ。ニンジンのコールスローもついている。大きめのタコは柔らかい。スライスしたニンジンには、ナッツが混ぜ込んであってクリスピーな食感だ。














画像 メインは、南部鶏のカリカリ焼。付け合わせにグリーンサラダ、サツマイモとサトイモのソテーなど。柚子胡椒のピリ辛さと焼いた鶏肉がよく合う。但し、鶏皮のカリカリ感がもう少し欲しかった。味付けが私には少しソルティだった。若い人向けに濃い目の味付けをしているのかもしれない。我が家なら、もう少し薄めの味付けにして、ミネラリーなワインを合わせるところだ、例えば、ニュージーランドのソーヴィニオンブランや、ヴェネトのソアヴェなど。食べ物の味付けをワインで補完するというのが、私の考えだ。


画像
 デザートに金柑のタルトを注文。タルト生地が以前にタルトをいただいた時と比べると、硬さが足りないように感じた。タルト生地は、もう少ししっかりサクサクしているほうが好きだ。

 金柑は、甘さはしっかり出ているが、金柑特有の苦みがあまり感じられない。選んだ果物の特徴を生かした仕上げにしたほうが良い。
 紅茶は、香りが立っていて美味しい。温度もピッタリだ。元町ラティエールの茶葉を使っているだけでなく、シェフの淹れ方が上手なんだと思う。

 色々言ってはいるが、全体としてのレベルは前と変わらず高い。もっと大きい場所に出て行ってお店を開いて、価格設定を高くしたコース料理に転換しても、お客さんは十分に来るレベルの高さだと思う。ゆったりとした座席のセッティングのお店であれば完璧だ。

 そういう意味では、もったいないと言えばもったいない。駅前で2,000円ぐらいのランチコースで、ふつうのフレンチやイタリアンを出しているお店をいくつも知っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[戸部]ラコッペ:南部鶏のカリカリ焼 Yokoyoko DIARY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる