Yokoyoko DIARY

アクセスカウンタ

zoom RSS [鎌倉]御成町タロウの昼定食

<<   作成日時 : 2017/03/22 20:02   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 御成町で良いお店を見つけた。その名は「タロウ」。
 鎌倉での用事を済ませて少し時間が余ったので、江ノ電和田塚で降りて、鎌倉駅まで歩いてお昼ご飯のお店を見つけることにした。
 久しぶりにエスニック料理のワンダーキッチンにでも行こうかとも思ったが、御成通りのワンダーキッチンに行く小道の少し南側にある道を歩いていて、見つけたお店だ。
 入口の看板を見ると、日本ワインと和食のお店とある。
 昼定食は3種類。本日のお惣菜定食、アジフライ定食、生姜焼き定食。

 妻は、本日のお惣菜定食をチョイス。お惣菜3種類。だし巻き卵、コロッケ、小魚の南蛮漬けがお盆に乗って運ばれてきた。
画像


 私のオーダーは、アジフライ定食。牛肉の肉じゃがと昆布の煮物が付いている。

画像


 折角なのでワインもオーダーした。このお店には、山梨、長野、北海道、山形と日本の4大生産地のものががすべてそろっている。
画像 結構知っているものが多かったので、お勧めの岩手産ワインにしてみた。
 くずまきワインの赤と白。白はセイベル9110を使っている。赤は山ぶどうのブラックペガール。
 料理の前に運ばれてきた。

画像 白は、やや濃い目のイエロー。グレープフルーツ、洋梨の香りがする。口に含むと、見た目よりすっきりとした味わいだ。樽の感じは殆どない。僅かにスパイシーさがある。ヴィオニエのような外観なのに、トレッビアーノのような後味と言える。

 赤のほうはやや明るめのルビー色で、外観からは、ミディアムボディの雰囲気。ベリー系の赤い果実の香りがする。口に含むと、果実感満点の味わい。ジューシーでフレッシュだ。若い。グルナッシュをエレガントにした感じだ。

 どちらのワインも喉越しの良さにびっくりする。うーん!岩手産ワイン恐るべし。日本人には日本のワインか。昼から飲む開放感。

 料理のほうは、どれもアツアツ。アジフライは、外がカリカリで、中はふっくら。肉じゃがも味が良くしみている。まあ、この前私が作ったものよりはるかにうまい。(当たり前か)
 だし巻き卵も良い仕事をしている。この定食とワインの相性が抜群にいい。

 鎌倉というと、エスニックや洋風カフェ料理のお店が多い。しかし、和食でこれだけの料理を出してくれるお店に会うのは初めてかもしれない。ふつうの料理を普通に作るのが難しい。

 一度行ってみることをお勧めする。ごちそうさまでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[鎌倉]御成町タロウの昼定食 Yokoyoko DIARY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる